葛って邪魔者?葛の花イソフラボンスリムが作られるまでの歴史とは?

秋の七草の1つである「葛」は、侵略的外来種に指定されていることをご存じでしょうか?侵略的と聞くとネガティブなイメージを持ってしまい、つい避けてしまいがち。ではなぜ、葛の花がからだに良い影響を与えることで話題になったのでしょうか。その理由を調べてみましたので、ご紹介していきます!

 

●「葛」は、ほかの生態系を崩すおそれがある?

 

【なぜ、侵略的外来種に指定された?】

侵略的外来種とは、もともといなかった地域に何かしらの理由で入ってきたとき、その地域の生態系や人間の生活に深刻な悪影響を与える生物種のこと。環境の変化に適応しやすいので、すぐに増えたり分布を拡大したりします。その地域では、もともといた生物種が住みかを失ったり減少したりします。

 

葛は、国際自然保護連合(IUCN)によって、世界の侵略的外来種ワースト100に選定されています。哺乳類・魚類・軟体動物・微生物などに分類されるなかで、陸上植物にあたります。

 

侵略的外来種になったのは、北アメリカで使われたのがきっかけ。1876年、フィラデルフィアで独立百年祭博覧会が開催されたときに、日本から運ばれてきました。飼料作物・庭園装飾用として注目を浴び、家庭でも外構の飾りとして使われるようになり、政府にも推奨されるまで有名に。

 

しかし、生い茂る力が強く広がるのが速いため、有害植物・侵略的外来種に指定されてしまいます。現在は、完全に無くなったわけではなく、駆除し続けられているそうです。

 

【葛はどこに生えている?】

葛はマメ科の植物で、山や野原など、どこにでも生えています。あたたかい地域に生息しており、日本では北海道から九州・沖縄まで全国各地に。ほかにも中国、フィリピン、インドネシア、ニューギニアで見られる植物です。

 

荒れ地や人手の入った耕地などによく生えるので、農家にとっては厄介な雑草として扱われています。放置しておくと荒れ地を拡大し、森林では背の低い木などを覆いつくし枯らしてしまうそうです。現在は、熊や鹿などが好む生息地にもなってきているので、迷惑植物として除去活動が行われています。

 

●葛の使い方について

 

【日本・中国で昔から使われてきたもの】

葛の花は、酒好きで知られている水戸黄門が愛用していたとされる花。当時の家庭医学書には、「酒毒には、葛花かげぼし、粉にしてゆにて用ひて吉」と、葛の花の二日酔い予防に対する効果が記されています。また、中国でも、古くから伝わる医学書に「葛の花は酒を消す」と書かれています。

 

葛は、迷惑がられるほどたくさん増える植物。飢饉がよく起こった寒冷地の青森地方では、葛の根を餅にして食べることで、その時代を切り抜けたといわれています。

 

【現在の葛の使いみち】

薬や食用として使われてきた葛ですが、現在でも根・茎・葉・花のすべてがいろいろな場面で使用されています。

 

・根→葛粉・葛餅・葛きり・葛根湯
・茎→工芸品
・葉→家畜の飼料・天ぷら・和え物・炒め物
・花→漬け物・酵母・サプリメント

 

農家では邪魔者扱いされているかもしれませんが、このように葛は根から花まで利用価値があることがわかりますね。

 

●葛の花サプリが開発された経緯

 

【着目点】

葛は、日本や中国の医学書などで古くからその効能が記されています。はじめは、アルコールを分解するはたらきがあることで注目されました。また、風邪薬の漢方薬として使われている「葛根湯」の主原料は、葛の根のでんぷんから作られたもの。薬用として研究されはじめ、葛の花にも高い効能があることがわかりました。

 

【新しい効能を発見!】

二日酔いに効く成分は、葛の花に含まれているイソフラボンとサポニンだと判明。そして、研究を重ねるうちに、体脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)を減少させるはたらきや新たに蓄積するのを抑制するはたらきがあることがわかりました。さらに、血中のコレステロールを下げる効果や、肝機能を改善する効果もわかっています。

 

体脂肪を減らすということは、ダイエット効果が期待できますね。お腹周りや腰周りについた皮下脂肪を減らしたい人や、体重・体脂肪を減らしたい人にとって役に立つ花だということがわかります。また、肝機能に効いて顔色が良くなるため、美容効果も期待できますよ。

 

【葛の花イソフラボンスリムができるまで】

現在、さまざまな企業が葛の花イソフラボンを配合したサプリを開発・販売しています。そのなかで、日本第一製薬株式会社が販売している「葛の花イソフラボンスリム」の成分内容は、葛の花だけではなく、ほかにも「黄金生姜」「ビタミンB群・C・ナイアシン」が含まれているサプリです。

 

人による臨床試験でダイエット効果が実証済みの葛の花。それに着目して、さらに体脂肪の減少やダイエット効果をサポートする成分を含めました。黄金生姜は、新陳代謝UPを狙ったもので、脂肪燃焼を手助けします。また、ビタミン類はダイエットで偏りがちな栄養素を補ってくれます。トップページ

 

葛の花イソフラボンスリムは「機能性表示食品」。販売元が調べた科学的根拠と資料を消費者庁に提出して認めてもらったことで、商品のパッケージや公式ホームページに「体脂肪の減少を助ける」という健康に関わる表示ができるようになりました。

 

実際に飲んだ人の声を見てみると、からだがポカポカと温かくなって冷え性が改善した人や、血行が良くなり顔色が明るくなった人がいます。体脂肪を減らすだけでなく、高い美容効果も期待できるサプリ。機能性表示食品なので、大きな副作用の心配がなく安心・安全です。

 

●まとめ

 

葛の花は紫色で、ぶどうの房のように咲きます。香りもグレープジュースに似て甘いので、香水にも使われているんです。侵略的外来種は、生態系のバランスを崩すという理由で悪いイメージがつきやすいです。セイヨウオオバコやイタドリも、美容・健康のサプリでよく知られている侵略的外来種の植物。葛のように、健康に良い成分が入っているものがほかにもあるかもしれませんね。

シボヘールとイソフラボンスリムを比較してみた

シボヘールイソフラボンスリム詳細

人気のダイエットサプリシボヘールと葛の花イソフラボンスリムを比較してみました。


・配合成分
・価格、続けやすさ
・飲みやすさを比較しています。


私はシボヘールを使って痩せたので、葛の花サプリで悩んでいる人にはシボヘールをおすすめします。


\ シボヘールとイソフラボンスリムの詳細をチェックする /

シボヘールイソフラボンスリム詳細

脂肪を減らしたい人におすすめの記事トップ3

人気の葛の花サプリメントを紹介しています。
ランキングは全部で5商品。
続けやすさ、効果の有無、価格によってランキングされています。

≫葛の花由来のイソフラボンサプリメント - おすすめのサプリをランキング

実際に管理人が使ったシボヘールの体験談を紹介しているページです。照
〇週間で体重が1.5kg落ちました(ネタバレ防止)笑

そして3ヵ月ではなんと・・・
自分でも驚くぐらい体重が落ちたので気になる人は見てください( *´艸`)

≫シボヘールの効果は本当?実際に飲んでみました!

シボヘールや葛の花イソフラボンスリム、スリムフォーなど人気の葛の花サプリメントを比較しました。
価格やサポート面、成分などを比較しているので葛の花サプリメントをコスパや性能で比較したい人におすすめの記事です

≫葛の花イソフラボンサプリをの比較記事をチェックする