葛の花配合の青汁比較ランキング!青汁との相乗効果を解説!!

皆さんは健康のために青汁を飲んだことがありますか? また、飲み続けたことがありますか?実は最近、ダイエット効果が期待できる青汁が登場しており、青汁人気に更なる拍車がかかっている状況です。そんな青汁人気を支えているものが「葛の花」なのです。

 

今回は、葛の花と青汁との相乗効果を解説しながら、葛の花配合の青汁比較ランキングを紹介したいと思います!

 

青汁の歴史とは?

青汁の歴史は、CMでもおなじみの「キューサイ」の前身である長谷川製菓株式会社が1982年9月に青汁を製造・販売しはじめたところから始まります。当時は、キューサイのCMが限定放送されていた九州地方の人や、健康に強い関心のある一部の人のみが知るようなものでした。

 

しかし、1990年代に入ると全国放送をしているようなバラエティ番組内のゲームで、罰ゲームとして演者に呑ませるようになった所から「あれは何?」と視聴者から注目されるようになり、九州地方限定で八名信夫さんによる「まずい!もう一杯!」発言が出てくることで有名だったCMが全国ネットでも流れるようになり、青汁というものが全国的にも知られるようになりました。

 

青汁とはどういうもの?

青汁とは本来、生の緑葉野菜をしぼった汁のことを指します。ちなみに、最近では「グリーンスムージー」というものがありますが、これは青汁とは原材料と製法が異なります。

 

グリーンスムージーは緑葉野菜とフルーツを入れ、ミキサー等で混ぜ合わせてでき上がったものです。グリーンスムージーは果物が入っているため飲みやすいと感じる人が多いかもしれませんが、果物に含まれている糖分を多く摂取することになるというデメリットがあります。

 

また、グリーンスムージーは基本的にはミキサー等で混ぜ合わせるという工程が必要なので、都度作ることが面倒だと感じかねない点もデメリットかもしれません。

 

一方、青汁は緑葉野菜のみで作られています。使われる葉についても、大麦若葉をはじめケールや明日葉といった様々な緑葉野菜が使われます。また、青汁は位厳密にいえば生の緑葉野菜をしぼった汁のことを指しますが、今では粉末状になった青汁やサプリメントタイプの青汁もあるため、時間をかけず手軽に飲むことができる点がメリットとしてあげまれます。

 

青汁に期待できる効果とは?

まずは野菜の効果でしょう。青汁には緑黄色野菜がたくさん入っているので、野菜から得られる栄養素はもれなく摂取することができます。野菜の理想摂取量は、1日350g摂取です。

 

しかし、皆さんが日々食べている食事の内容をよく思い出してみて下さい。350g以上の野菜を食べていると思えるような食事内容でしょうか? 多くの人が炭水化物や脂質の多い食事中心となっていて、いくら健康のためとはいえ1日あたり350g以上の野菜を食べられない状況に陥っているはずです。

 

しかし、青汁には、あのわずかな量の中にもビタミン・ミネラル・食物繊維といった健康に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。青汁に含まれ、私達現代人が不足がちになっているビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり摂ることにより、野菜のビタミン・ミネラル・食物繊維が大きく関わっていると言われる生活習慣病やガンといった現代病の抑制にも効果が発揮できる可能性が否定できません。

 

第二次世界大戦後、日本の食生活はアメリカのような炭水化物・肉・脂中心に大きく変化し、野菜を食べる量が年々減っています。そんな状況だからこそ、生活習慣病やガンのことも頭の片隅におきながら、不足する野菜を積極的に摂るサポート的なものとして青汁を積極的に飲んでいきたいところです。

 

葛の花とは?

皆さんは「葛」という漢字を見た時に、どのようなものを思い浮かべますか? 多くの方が「吉野葛」「葛きり」といった和菓子に通じるようなものであったり、「葛根湯」といったものであったりを思い浮かべるかもしれませんね。

 

「吉野葛」を代表する白い粉状のものは、葛の根から取れるデンプンであり、これを活用して葛きりや葛餅といった古来からあるような和菓子が作られています。また、「葛根湯」も文字通り葛の根をはじめ、麻黄(マオウ)・桂皮(ケイヒ)・芍薬(シャクヤク)・甘草(カンゾウ)・大棗(タイソウ)・生姜(ショウキョウ) を組み合わせてできた漢方薬です。

 

風邪のひき始めに飲む人が多いように、葛根湯は首・肩・背中周辺の筋肉を緩めて血液の流れをよくする作用があるので、風邪をはやめに治す効果が期待できます。

 

このように、私達の多くが葛の根にばかりお世話になっているイメージがあるかもしれませんが、最近、毎年夏から秋にかけて赤紫色のかわいらしい花を咲かせる葛の花が注目されてきました。葛の花には色々な特徴的成分があるのですが、その中でもダイエットに効く成分である「テクトリゲニン類」、これはイソフラボンの1種なのですが、それを多く蓄えていることが研究から判明しました。

 

それから研究が進み、現在は葛の花から摂取できるイソフラボンは、体にきちんと作用があることを科学的に証明されたことを示す「機能性表示食品」マークをつけて販売されるまでになっています。

 

葛の花由来のイソフラボン「テクトリゲニン類」に期待できる効果とは?

ズボンを履くと、お腹の横のお肉が溢れる…ということはありませんか?この成分は、そんな「お腹の周りの余りやすいタプタプのお肉」に作用して、ウエストをキュっと締めてくれる効果があります。

 

この効果は、マウスを使った実験でも結果が証明されていますが、人間による検証実験でも結果が証明されています。

 

まずは、マウスを使った実験結果を紹介します。高脂肪食を食べるマウスのグループと5%の葛の花のエキスを含む高脂肪食を食べるマウスのグループとに分けてそれぞれ42日の間にわたって食事を食べたところ、5%の葛の花のエキスを含む高脂肪食を食べるマウスのグループのほうが体脂肪が顕著に減ったという結果が出ています。

 

次に、人間による検証実験についても紹介します。体に悪い肥満の目安であるBMIが25~30程度という軽度肥満の人100人を2つのグループに分け、分けられた100人には何も言わずに12週間にわたり、片方のグループには葛の花のエキスを含む食品を、もう一方のグループには葛の花のエキスを含まない食品を、食べ続けるという実験を行ったことがあります。

 

その実験結果によると、葛の花のエキスを含む食品を食べ続けたグループは葛の花のエキスを含まない食品を食べ続けたグループよりも、おなか周りの脂肪面積やウエストが減ったという結果が出ています。具体的には、おなか周りの脂肪面積は12週間で15平方センチメートル減り、ウエストは12週間で1センチメートル減りました。

 

マウスだけではなく人間の体を使って検証をした結果としても脂肪減少効果が現れているという点は、ダイエットをしたいと思っている人にとって希望を持てるのではないでしょうか。

 

 

青汁と葛の花由来のイソフラボンという組み合わせはダイエットには高相性!

冒頭で解説をした通り、青汁にはビタミン・ミネラル・食物繊維といった、私達の体を健康に保つために必要な栄養素が豊富に含まれています。そして、葛の花由来のイソフラボンには、おなか周りの脂肪面積やウエストが減るという効果が期待できます。つまり、青汁と葛の花由来のイソフラボンという組み合わせを毎日摂り続けることにより、体が健康になっていきながら、ダイエットもできるということになります。

 

葛の花由来イソフラボンは1日あたりどのくらい摂れば効果が出る?

効果の出る葛の花由来イソフラボン量についても人間で検証実験をした結果が出ています。

 

人間による検証実験では、葛の花由来イソフラボンについて1日あたり28mg摂取したグループと、1日あたり35mg摂取したグループを作って状況を見たそうです。すると、1日あたり35mgの葛の花由来イソフラボンを摂った部ループの方がより脂肪の面積を減らすことができています。

 

そのため、少しでもダイエット効果を出したいのであれば、葛の花由来イソフラボンは1日あたり35mg摂取するようにしたほうがいいでしょう。

 

なお、人によっては、少しでもダイエット効果を出したいために大量に葛の花由来イソフラボンを摂取したらいいのではないかと考える人がいるかもしれません。しかし、葛の花由来のイソフラボンには少量ではあるものの女性ホルモン(エストロゲン)のような作用があることが確認されています。女性ホルモンを過剰摂取すると、ガンや血栓症を引き起こす危険性が高まる可能性があるため、葛の花由来イソフラボンの摂取量は1日あたり35mgという量を守るようにしましょう。

 

 

飲むならどれがいい? 葛の花配合の青汁比較ランキングBEST5!

 

【第1位】葛の花青汁
()


葛の花青汁は、大麦若葉を原料とした青汁と、ダイエット効果が期待できる葛の花由来のイソフラボンを含んでいます。

 

大麦若葉で作った青汁は、その半分あまりが自然の食物繊維でできていることもあり、便秘解消が期待できます。ポッコリおなかに悩んでいる人には嬉しい効果ですね。大麦若葉に期待できる効果は他にも疲労回復・動脈硬化の改善・ガンの予防・不眠改善・肩こりの改善などが考えられています。

 

葛の花青汁は、ダイエット効果を期待したい人はもちろん、ポッコリお腹に悩んでいてダイエットが成功しにくいと悩んでいる人や、ダイエットを成功させたいものの日頃から疲れが抜けにくい人にもオススメです。

 

【第2位】きょうの青汁
()


きょうの青汁の中には、大麦若葉や葛の花由来のイソフラボンに加え、桑の葉・京ニンジン・聖護院かぶら・宇治抹茶・和三盆・難消化性デキストリンも入っています。この中でも特に注目したいものは、京ニンジンです。京ニンジンは一般的なニンジンと比べるとダイエットに必要な栄養素が豊富に含んでいます。カルシウムは約1.3倍、食物繊維は約1.4倍、ビタミンC・カリウムは約2倍、葉酸は約4倍、亜鉛に至っては4倍以上も含んでいるのです。ここまで豊富な栄養素を含んでいることを体が感じるのか、きょうの青汁の発売前モニター調査によると、82.8%のモニターが「続けたい」と回答したという結果が出ています。

 

香川産の和三盆を使うことで、日本産ならではの安心・安全で体に優しい甘さになっているという点も、人気の一要因かもしれません。

 

【第3位】トップバリュ 内臓脂肪が気になる方の葛の花イソフラボン配合 大麦若葉青汁
()

トップバリュといえば、誰もが知るイオングループのプライベートブランドです。トップバリュは消費者のニーズを形にして、確かな品質のものを手に取りやすい価格で提供している、日本縫う数のプライベートブランドです。

 

そんなトップバリュから発売されているものが、「内臓脂肪が気になる方の葛の花イソフラボン配合 大麦若葉青汁」です。原材料は大麦若葉・難消化性デキストリン・還元麦芽糖・葛の花由来のイソフラボンなど、シンプルかつ効き目が期待できるものが余すところなく入っています。

 

【第4位】葛の花プレミアム青汁
()

愛知県大府市に本部をおく有名薬局・ドラッグストアチェーンであるスギ薬局が「お腹の脂肪を減らす葛の花シリーズ」としてはつばいしたものが葛の花プレミアム青汁です。

 

トップバリュの「内臓脂肪が気になる方の葛の花イソフラボン配合 大麦若葉青汁」と同じように原材料として大麦若葉・難消化性デキストリン・還元麦芽糖・葛の花由来のイソフラボンが入っているほか、穀物発酵抽出物も含まれています。原材料に小麦・大豆・ゴマ・オレンジ・りんご・バナナ・クルミ・ヤマイモが含まれているため、これらの食物にアレルギーを持っている人は注意をした方がよいでしょう。

 

【第5位】青汁ダイエットン
()

青汁ダイエットンのベースになっているものはサツマイモ若葉です。サツマイモ若葉はケールや大麦若葉を大きく上回る栄養成分を含み、ダイエットに優しいビタミン・ミネラル・ポリフェノール・ルテイン・食物繊維のバランスになっています。ちなみに、サツマイモ若葉にはほうれん草の2.7倍ものカルシウムが含まれているほか、脂質代謝に必要不可欠なビタミンB2はセロリの5.6倍も含まれています。

 

また、青汁ダイエットンには、中年太りを気にしている人にとって嬉しい、満腹感を感じさせてくれる成分「ポテイン」も含まれています。年齢を重ねている人で年々ダイエットが成功しにくくなっている人にオススメです。

 

 

今話題の葛の花由来のイソフラボンと、昔から健康を気にする人に愛されてきた青汁。ダイエットを成功させたいのであれば必ず試しておきたい組み合わせであることに間違いはなさそうです!