葛の花イソフラボンスリムとシボヘールを比較!

シボヘール

 

機能性表示食品として消費者庁より認可されている葛の花イソフラボンスリムとシボヘール。

 

機能性関与成分は両者ともに葛の花由来イソフラボンとなっています。

 

こちらでは、体についてしまった皮下脂肪や内臓脂肪の減少に効果的なこのふたつのサプリメントについて、さまざまな面から比較検討していきます。

 

 

\ イソフラボンスリムの公式HPへ /

⇒1,480円で葛の花イソフラボンスリムを始める

 

\ シボヘールの公式HPへ /

⇒980円でシボヘールを始める

 

シボヘール

商品名 葛の花イソフラボンスリム シボヘール
内容量 120粒(30日分) 120粒(30日分)
機能性関与成分 葛の花由来イソフラボン※1 葛の花由来イソフラボン※1
配合成分 葛の花抽出物、生姜粉末(黄金生姜)、還元パラチノース・セルロース、ビタミンC、二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1(順不同) 還元パラチノース、葛の花抽出物、セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素
定期2回目~ 5780円 2808円
お得な定期購入

スマート定期便
・1袋初回1480円
・2袋11304円
・3袋16146円の設定あり

定期便初回限定980円
・2回目以降はずっと2808円
・その他の商品どれでも10%オフで購入可能

おすすめポイント

・定期便の回数縛りなし
・問い合わせ窓口あり
・製薬会社のGMP認可工場で製造
・生姜成分やビタミン類配合

・定期便の回数縛りなし
・問い合わせ窓口あり
・1日93円
・他の商品を10%オフで購入できる
・送料無料

おすすめ度 イソフラボンスリム シボヘール
購入先 ⇒公式ページ ⇒公式ページ

※1:(テクトリゲニン類として)35mg

2商品の内容量を比較 どちらも120粒

 

葛の花イソフラボンスリム・シボヘールともに一袋120粒入り、一日目安摂取量は4粒となっています。

 

機能性関与成分である葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が35mg配合されているのも共通しています。

 

飲むのは1日一回でOKです。
機能性表示のデータは1日1回35mgを摂取した時のデータなので、食後などで分けて飲む必要がありません。

 

 

 

配合成分の違い シボヘールは葛の花由来イソフラボンのみを配合でイソフラボンスリムはビタミン類など色々配合

シボヘール

配合成分から見ると、両者には違いがみられます。

 

機能性関与成分である葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)は同じですが、それ以外の成分として葛の花イソフラボンスリムには黄金生姜・ナイアシン・ビタミン類が配合されています。

 

シボヘールにはそういった付加成分が含まれず、葛の花由来イソフラボン以外にはサプリメントを構成している成分のみのシンプルなものとなっています。

 

お得なセット内容や価格比較 シンプルなシボヘールの方がおよそ半額で続けられる

葛の花イソフラボンスリム・シボヘールともにお得なセット価格が設定されています。

 

両者とも定期購入の回数縛りはなく、2回目の購入から解約することも可能。

 

ただし価格差に大きく開きがあります。
定期コース2回目以降はシボヘールが2808円に対して、イソフラボンスリムは5780円となります。
成分ではシンプルなシボヘールと比べ色々な成分が入っていましたが、これでは続けるコストがかなり大きくなります。

 

シボヘールはイソフラボンスリムの半額で続けることができるのです。

 

しかも同じ効果で

 

 

葛の花イソフラボンスリムには購入パターンの設定がたくさんあり、1袋・2袋・3袋の都度購入と、スマート定期便購入の2種類、全部で6通りの購入ができます。

 

シボヘールは2回目以降の注文より、個数などの変更が可能となっています。

葛の花イソフラボンスリムとシボヘール 飲みやすさや使い勝手はほとんど一緒

シボヘール

飲みやすさについては、両者とも同じような飲み心地です。
見た目の色や形はさほど変わらず、ぱっと見た感じは同じです。

 

ごく一般的なサプリメントの形状と大きさで、一度に4粒を飲むとしても苦労なく飲み込むことができます。
1回に4粒飲む必要があるので、朝起きた後か夕食の後に飲めばOKです。

 

私はシボヘールを飲んでいますが、いつも夕食の後に飲んでいます。なんとなく食べた後のほうが効きそうな感じがするので。笑

 

イソフラボンスリムとシボヘールのまとめ

どちらを選べばいいの?と迷ってしまう場合は、自身の目的をもう一度考えるといいでしょう。
どちらを選ぶのもあなたの自由ですが、毎月かかる費用には注意したほうがいいでしょう。

 

葛の花由来のイソフラボンの他に黄金生姜・ナイアシン・ビタミンC・ビタミンB群などが配合されています。
ただし価格は2回目以降も5780円なので、少しでもお金を抑えたい人にはおすすめできません。。

 

\ 2回目からは5780円 /

⇒ビタミンなど配合されているイソフラボンスリムを始める

 

 

少しでも安く、お腹の脂肪と減らしたい人というシンプルな考えの人はシボヘールがおすすめです。
1日93円でお腹の脂肪を減らすことができるので出費を減らしたい人にはおすすめです。

 

シボヘールは葛の花由来イソフラボンが一日量として35mg含まれ、それ以外の成分はなく、あとはサプリメントを構成する最低限の成分のみが配合されています。

 

\ 2回目からは2808円 /

⇒980円でシボヘールを始める

 

葛の花イソフラボンサプリメントランキングはこちら

脂肪を減らしたい人におすすめの記事トップ3

人気の葛の花サプリメントを紹介しています。
ランキングは全部で5商品。
続けやすさ、効果の有無、価格によってランキングされています。

≫葛の花由来のイソフラボンサプリメント - おすすめのサプリをランキング

実際に管理人が使ったシボヘールの体験談を紹介しているページです。照
〇週間で体重が1.5kg落ちました(ネタバレ防止)笑

そして3ヵ月ではなんと・・・
自分でも驚くぐらい体重が落ちたので気になる人は見てください( *´艸`)

≫シボヘールの効果は本当?実際に飲んでみました!

シボヘールや葛の花イソフラボンスリム、スリムフォーなど人気の葛の花サプリメントを比較しました。
価格やサポート面、成分などを比較しているので葛の花サプリメントをコスパや性能で比較したい人におすすめの記事です

≫葛の花イソフラボンサプリをの比較記事をチェックする

関連ページ

葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートを比べてみました!
内臓脂肪や中性脂肪の数値が気になり始めたときに飲みたいサプリメントとして、葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートがあります。こちらでは機能性表示食品であるこの2製品について、成分や価格の面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとベジファスを比べてみました!
機能性表示食品としてダイエットに効果がある葛の花イソフラボンスリムとベジファス。これら2製品について、機能性関与成分やその他の配合成分、価格や効果について比較してみました。迷ったときの参考にしていただければ幸いです。
葛の花イソフラボンスリムとラクトフェリンを比べてみました!
内臓脂肪に働きかけるという効果が共通している葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリン。配合成分や価格、定期便の有無などの比較表をもちいて、どのような違いがあるかチェックしていきましょう。
葛の花イソフラボンスリムがほかのダイエットと一味違う理由は?
秋の七草の1つ「葛」。根の部分は葛きり・葛粉・葛餅などで使用されていますが、花にはダイエット効果があるということをご存じでしょうか。
きょうの青汁ってほかどう違う?含まれる葛の花パワーの効果に迫る!
「きょうの青汁」といえば、毎日飲むだけでお腹の脂肪が落とせると人気の青汁。評判高い「きょうの青汁」って、一体どんな飲み物なのでしょうか。味や安全性、本当に効果があるのか調べました!