葛の花イソフラボンスリムとシボヘールを比較!

葛の花イソフラボンスリムとシボヘール比較

 

機能性表示食品として消費者庁より認可されている葛の花イソフラボンスリムとシボヘール。

 

機能性関与成分は両者ともに葛の花由来イソフラボンとなっています。

 

こちらでは、体についてしまった皮下脂肪や内臓脂肪の減少に効果的なこのふたつのサプリメントについて、さまざまな面から比較検討していきます。

 

葛の花イソフラボンスリム シボヘール
内容量 120粒(30日分) 120粒(30日分)
機能性関与成分 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg
配合成分 葛の花抽出物、生姜粉末(黄金生姜)、還元パラチノース・セルロース、ビタミンC、二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1(順不同) 還元パラチノース・葛の花抽出物・セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・二酸化ケイ素
定価 6480円 2808円
お得な定期購入 スマート定期便1袋初回1480円・2袋11304円・3袋16146円の設定あり らくらく定期便初回限定980円・どれでも10%オフで購入可能
おすすめポイント 定期便の回数縛りなし・問い合わせ窓口あり・製薬会社のGMP認可工場で製造・生姜成分やビタミン類配合 定期便の回数縛りなし・問い合わせ窓口あり・
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量について

葛の花イソフラボンスリム・シボヘールともに一袋120粒入り、一日目安摂取量は4粒となっています。

 

機能性関与成分である葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が35mg配合されているのも共通しています。

 

見た目の色や形はさほど変わらず、ぱっと見た感じは同じような印象を持つサプリメントだといえるでしょう。

 

 

配合成分の違いについて

配合成分から見ると、両者には違いがみられます。

 

機能性関与成分である葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)は同じですが、それ以外の成分として葛の花イソフラボンスリムには黄金生姜・ナイアシン・ビタミン類が配合されています。

 

シボヘールにはそういった付加成分が含まれず、葛の花由来イソフラボン以外にはサプリメントを構成している成分のみのシンプルなものとなっています。

 

お得なセット内容や価格について

葛の花イソフラボンスリム・シボヘールともにお得なセット価格が設定されています。

 

両者とも定期購入の回数縛りはなく、2回目の購入から解約することも可能。

 

また初回限定のお得な価格設定がどちらにもあり、2回目以降はずっと割引価格で購入できるのも同じです。

 

葛の花イソフラボンスリムには購入パターンの設定がたくさんあり、1袋・2袋・3袋の都度購入と、スマート定期便購入の2種類、全部で6通りの購入ができます。

 

シボヘールは2回目以降の注文より、個数などの変更が可能となっています。

葛の花イソフラボンスリムとシボヘール 飲みやすさや使い勝手について

葛の花イソフラボンスリムとシボヘール比較

 

葛の花イソフラボンスリムとシボヘールは、どちらも機能性関与成分として葛の花由来のイソフラボンを含むサプリメントです。

 

飲みやすさについては、両者とも同じような飲み心地です。

 

ごく一般的なサプリメントの形状と大きさで、一度に4粒を飲むとしても苦労なく飲み込むことができます。

 

朝と晩に2粒ずつ飲むとしても、持ち運びも便利で使い勝手もマイナス面はありません。

 

 

 

どちらを選べばいいの?と迷ってしまう場合は、葛の花由来のイソフラボンの他にどんな成分が含まれているのかを目安にするといいでしょう。

 

シボヘールは葛の花由来イソフラボンが一日量として35mg含まれています。

 

それ以外の成分はなく、あとはサプリメントを構成する最低限の成分のみが配合されています。

 

葛の花イソフラボンスリムは、それに加えて黄金生姜・ナイアシン・ビタミンC・ビタミンB群などが配合されています。

 

葛の花由来イソフラボンだけでもおなか周りの皮下脂肪や内臓脂肪に働きかけることは分かっていますが、それにプラスして美容や健康にもいい効果が期待できます。

 

その分価格は葛の花イソフラボンスリムの方が高くなっていますが、別途生姜成分のサプリメントやマルチビタミンなどを購入することを考えれば、逆に割安になっているといえるでしょう。

 

総合的にチェックしてみた結果、製薬会社の製造クオリティを持ち、美容や健康にいい成分がプラスされている葛の花イソフラボンスリムが★4つ、同じような機能は持っているけれど葛の花由来イソフラボンのみが配合されているシボヘールは★3つとなりました。
葛の花イソフラボンスリムトップページ

関連ページ

葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートを比べてみました!
内臓脂肪や中性脂肪の数値が気になり始めたときに飲みたいサプリメントとして、葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートがあります。こちらでは機能性表示食品であるこの2製品について、成分や価格の面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとベジファスを比べてみました!
機能性表示食品としてダイエットに効果がある葛の花イソフラボンスリムとベジファス。これら2製品について、機能性関与成分やその他の配合成分、価格や効果について比較してみました。迷ったときの参考にしていただければ幸いです。
葛の花イソフラボンスリムとラクトフェリンを比べてみました!
内臓脂肪に働きかけるという効果が共通している葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリン。配合成分や価格、定期便の有無などの比較表をもちいて、どのような違いがあるかチェックしていきましょう。
葛の花イソフラボンスリムがほかのダイエットと一味違う理由は?
秋の七草の1つ「葛」。根の部分は葛きり・葛粉・葛餅などで使用されていますが、花にはダイエット効果があるということをご存じでしょうか。