「減脂粒」なら機能性表示食品で安心!葛の花ダイエット始めてみる?

減脂粒は、産後の体形崩れで悩む女優・歌手の相田翔子さんも愛用し、驚きの効果を実感したサプリメント。

 

減脂粒に含まれる葛の花の効果は、安全を前提とした科学的データが消費者庁にて受理されています。栄養補給サプリとは違うため、ダイエット結果に大きな差があります。

 

芸能人にも注目される減脂粒は、本当に効果があるのでしょうか。飲みやすさやみんなの口コミも一緒に調査してみました!

 

減脂粒のサプリメントの特徴は?

 

減脂粒は、葛の花由来イソフラボンと黒酢もろみを配合した機能性表示食品です。配合成分がお腹周りの脂肪や皮下脂肪などへ働きかけ、スリムボディのお手伝いをしてくれます。

 

減脂粒に配合されている全成分

 

減脂粒に含まれる全成分と、その働きについて詳しく調べてみました。

  • 還元パラチノース(低カロリーな甘味料)
  • 葛の花抽出物
  • 黒酢もろみ末(くろずの発酵過程で作られる水に溶けない米由来の発酵物。アミノ酸やペプチド、繊維質が豊富)
  • セルロース(型崩れしないための増粘安定剤)
  • ステアリン酸カルシウム(乳化剤。水と油など混ざりにくいものを合わせる)
  • 二酸化ケイ素(湿気防止剤)

 

減脂粒の成分は植物由来エキスの葛の花や黒酢もろみ末だけではなく、食品添加物も含まれています。

 

役割としては錠剤に形成するためだったり、吸湿を防ぐためです。食品添加物といえば人体への影響が心配ですが、どれも毒性は低いといわれている成分ばかりです。

 

減脂粒のニオイや粒の大きさ

 

減脂粒は植物由来成分が含まれているため無臭ではありません。

袋の中は少し漢方薬のようなニオイがしますが、1粒だけ手のひらに取るとあまり香りはしません。

 

錠剤タイプで1粒の大きさは約8mmです。サプリメントの一般的な大きさなので、一度に3粒飲んでもとくに問題ありません。

 

ただし、ニオイも粒の大きさもごく普通ですが、少し苦味があります。全成分を見るとコーティング剤が含まれていないため、葛の花抽出物の味を感じる場合があります。

 

苦味がキライな人は苦手かもしれませんが、サッと飲み込んでしまえば後味もなくスッキリです。

 

減脂粒の安全性への配慮

 

サプリメントを製造するにあたり、減脂粒は安全と品質管理を徹底しています。

 

厚生労働省が定める製造品質管理の基準「健食GMP認定」と、食品安全の国際規格「ISO22000認証」を取得した国内工場で製造。安全性の高い国内工場で、一粒ずつ人の目と手で検査しています。
葛の花4
※ISO=国際標準化機構の略

 

減脂粒に配合される葛の花の量は?

 

減脂粒は1日の目安量を3粒としています。この3粒に含まれる葛の花由来イソフラボンは「35mg」です。

 

1日の目安量はサプリメントの中では少ない方なので、1粒あたりに含まれる葛の花由来イソフラボン量は高めですね。

 

また、減脂粒には黒酢もろみ末も配合されています。脂肪代謝や糖代謝を改善する働きがあるため、葛の花だけの働きにプラスしてダイエット効果が期待できます。

 

減脂粒に配合される葛の花とサポート成分の働きは?

 

減脂粒の主成分は葛の花抽出物ですが、ほかにも黒酢もろみを粉末にした成分が含まれています。2つの成分はどのような働きをしてくれるのでしょうか。

 

減脂粒に含まれる葛の花の効果

 

葛の花由来イソフラボンを飲用時と飲用していないときの腹部全脂肪面積の変化量を臨床試験しました。その結果が報告され、驚きの効果があることがわかりました。

8週間後:-16cm2
12週間後:-20cm2

 

※cm2=平方センチメートル

 

葛の花には数種類のイソフラボンが含まれています。中でもダイエット効果を高めると注目されているのがテクトリゲニン類のイソフラボン。
イソフラボンといえば大豆由来のイメージが強く、女性ホルモンと似た働きで美容面をサポートさせる働きがありますね。ですが、葛の花由来イソフラボンは効果が違います。

 

葛の花由来イソフラボンは、肝臓による脂肪の合成を防いだり、脂肪細胞の分解をサポートする働きがあります。

 

このような効能により、体内にたまる脂肪分をおさえる働きがあるのです。内蔵脂肪や皮下脂肪、BMI数値を減らす効果が期待できます。

 

減脂粒に含まれる黒酢もろみの効果

 

壺の中で黒酢を作ったときに底にたまった部分が黒酢もろみです。ひと壺でたった数百グラムしか取れない、とっても貴重な食材です。

 

黒酢もろみは米酢と比べるとアミノ酸が50倍!

数種類のアミノ酸が配合されています。ダイエット効果が期待できるアミノ酸の種類と効能をいくつか紹介します。

 

  • ヒスチジン(空腹感をおさえる。食べすぎ防止)
  • アルギニン(脂肪燃焼しやすくする)
  • リジン(脂肪燃焼しやすくする)
  • グルタミン(脂肪燃焼しやすくする)

 

また、アミノ酸のほかにも、酸っぱい成分であるクエン酸も含まれています。

 

クエン酸は脂肪をエネルギーへ変換する働きをサポートし、食べても脂肪がたまりにくい体質へ整えてくれます。

 

口コミ調査!「葛の花減脂粒って本当に効果がある?」

 

飲み続けて4ヶ月
40代になり背中のウエスト部分の脂肪が指でつまめるようになりました。あらゆることをしましたが、こちらのサプリが今のところ効果を実感できています。飲んでから4ヶ月たちましたが、ズボンが少しゆるくなり、お腹周りがスッキリしています。

 

減脂粒で食べても太りにくくなった
食べると体重増量だったのに、サプリを飲んでいるおかげか、食べても体重が以前と比べ変わらなくなりました。体形の変化はあまり感じませんが、体重計に乗るのがいまは毎日楽しいです。

 

匂いがまるで大豆
袋を開けた瞬間の匂いが苦手で、飲み続けることができない場合があります。減脂粒は漢方のような匂いがあるといわれていますが、私は大豆のような香ばしく感じます。飲みにくいサイズでもなく量もちょうどいいので続けやすいです。

 

葛の花ともろみ酢は最強
とにかく痩せたい!その一心でサプリを吟味しました。葛の花ともろみ酢の効果は前から知っていました。この2つが組み合わさったサプリ、大きな期待で飲み続けています。2ヶ月たちましたが、少しだけ体重とウエストに変化がありました。もう少し飲み続けて、効果を実感したいです。

 

軽い運動も併用で体重-3キロに成功
減脂粒を飲んでから3ヶ月たちました。期間中は10分間のジョギングも一緒に行なったおかげか、体重がトータルで3キロも減少しました。1キロ落とすだけでもやっとだったのに、30代になってからダイエット成功したのははじめてでとてもうれしかったです。もう少し体重を落としたいので、飲み続けたいです。

 

葛の花減脂粒はどこで買うのが一番安いのか?

 

葛の花減脂粒に含まれる成分の効能や、たくさんの口コミをみると実際に飲んでみたくなりますよね!最安値で購入できる販売先を探してみました。

 

公式サイト:500円(初回定期)
楽天市場:1850円(初回定期)
amazon:取扱なし

 

葛の花減脂粒の販売先であるDMJえがお生活は、楽天市場でも出店していました。通常販売価格3,700円のところ、初回半額で購入できますが公式サイトと比較すると高いですね。

 

もっとも安く購入を考えるなら公式サイトです。定期コースには条件と特典があります。
葛の花4

定期コースの条件

 

  • 1世帯1回1袋限り
  • 4ヶ月継続が必要
  • 2回目以降は通常価格の20%以上の特別割引

 

定期コースだけの特典

 

  • 全国どこでも送料無料
  • 500円分のクオカード付き(毎月コース3回目にお届け)
  • タブレットケースプレゼント
  • 定期的にプレゼントを用意
  • 年2回おこなわれる特別抽選会に参加
  • 実感チェック表の提出で最大1,000円のクオカード進呈
  • 美容情報の季刊誌がもらえる

 

まとめ:減脂粒はこんな人に飲んで欲しいサプリ!

 

  • 健康的に痩せたい
  • くびれたウエストを作りたい
  • 産後ダイエットが成功しない
  • 飲みやすいサプリを求めている

 

減脂粒は、葛の花と黒酢もろみのダイエットサポート成分がダブル配合されています。ダイエットに挑戦してきたけど効果に満足できなかった人、これから本格ダイエットをはじめる人におすすめです。

関連ページ

葛の花イソフラボンスリムとシボヘールを比べてみました!
機能性表示食品として、葛の花由来のイソフラボンを含むサプリメントの代表である葛の花イソフラボンスリムとシボヘール。こちらではこの両者を価格や配合成分・特徴などのさまざまな面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートを比べてみました!
内臓脂肪や中性脂肪の数値が気になり始めたときに飲みたいサプリメントとして、葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートがあります。こちらでは機能性表示食品であるこの2製品について、成分や価格の面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとベジファスを比べてみました!
機能性表示食品としてダイエットに効果がある葛の花イソフラボンスリムとベジファス。これら2製品について、機能性関与成分やその他の配合成分、価格や効果について比較してみました。迷ったときの参考にしていただければ幸いです。
葛の花イソフラボンスリムとラクトフェリンを比べてみました!
内臓脂肪に働きかけるという効果が共通している葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリン。配合成分や価格、定期便の有無などの比較表をもちいて、どのような違いがあるかチェックしていきましょう。
葛の花イソフラボンスリムがほかのダイエットと一味違う理由は?
秋の七草の1つ「葛」。根の部分は葛きり・葛粉・葛餅などで使用されていますが、花にはダイエット効果があるということをご存じでしょうか。
きょうの青汁ってほかどう違う?含まれる葛の花パワーの効果に迫る!
「きょうの青汁」といえば、毎日飲むだけでお腹の脂肪が落とせると人気の青汁。評判高い「きょうの青汁」って、一体どんな飲み物なのでしょうか。味や安全性、本当に効果があるのか調べました!
シボヘールで本当にしぼむ?【注目】肥満気味なぽっこりお腹対策
お腹の体脂肪を減らすサプリメントとして、注目されているシボヘール。シボヘールはどんな特徴があるのか、実際に飲んでみた人たちの口コミも一緒にまとめてみました。
ヘラスリムで体の中からダイエット♪【必見】内臓脂肪を減らす方法!
体脂肪を減らすサポート成分「葛の花」が配合されたヘラスリム。食生活に気をつけても体重に変化がない人、ダイエットするのがめんどうな人に人気のサプリメントです。