葛の花イソフラボンスリムとベジファスを比較!

葛の花イソフラボンスリムとベジファス比較

 

葛の花イソフラボンスリムとベジファスは、ともに機能性表示食品として認められているサプリメントです。

 

機能性関与成分として、葛の花イソフラボンスリムは葛の花由来イソフラボンを、ベジファスは難消化性デキストリンを含んでいます。
健康やダイエットに効果のあるこの2製品を、配合成分や価格、定期購入などの面からチェックしていきましょう。

 

葛の花イソフラボンスリム ベジファス
内容量 120粒(30日分) 15g15本(15日分)
機能性関与成分 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg 難消化性デキストリン(食物繊維)
配合成分 葛の花抽出物、生姜粉末(黄金生姜)、セルロース、ビタミンC、還元パラチノース・二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1(順不同) 難消化性デキストリン(食物繊維)、シークヮーサー果汁、野菜・野草・果実混合発酵液(糖蜜、黒砂糖、ヨモギ、ウコン、その他)、果実酢/酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、甘味料(ステビア)、(一部にりんごを含む)(順不同)
定価 6480円 3000円
お得な定期購入 スマート定期便1袋初回1480円・2袋11304円・3袋16146円の設定あり 毎月お届けコース初回半額3000円・2箱セット4800円の設定あり
おすすめポイント おなか周りの皮下脂肪や内臓脂肪に働きかける・定期便の回数縛りなし・問い合わせ窓口あり・製薬会社のGMP認可工場で製造・生姜成分やビタミン類配合 中性脂肪や血糖値に働きかける・デザート感覚で食べられる・定期便の回数縛りなし・問い合わせ窓口あり
おすすめ度 ★★★★ ★★★★

内容量について

内容量は葛の花イソフラボンスリムが120粒でひと月分、ベジファスは15本入り15日分となっています。

 

葛の花イソフラボンスリムは粒状のサプリメント、ベジファスはスティックゼリー状のサプリメントです。

 

葛の花イソフラボンスリムはひと袋で一ヶ月、ベジファスは2箱購入する必要があります。

配合成分の違いについて

葛の花イソフラボンスリムには、機能性関与成分として葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mgを含みます。

 

その他の成分としては、黄金生姜、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンB群などを含んでいます。

 

葛の花由来イソフラボンには、おなか周りの皮下脂肪や内臓脂肪に働きかけ、ダイエットをサポートする効果があります。

 

またそれ以外の成分には美容や健康を後押しする作用>があり、ダイエットだけではなくプラスアルファの効果が期待できます。

 

 

 

ベジファスは機能性関与成分として難消化性デキストリン(食物繊維)を含み、その他の成分としてはシークヮーサー果汁、野菜・野草・果実混合発酵液、果実酢などを含有。

 

難消化性デキストリンを食事前にとっておくことで、野菜を食前に食べるベジタブルファーストダイエットと同じ効果を得ることができます。

 

それ以外に植物発酵エキスやシークワーサーなどを配合し、健康にいい成分や風味のよさをプラスしてあるのが特徴です。

 

葛の花イソフラボンスリムトップページ

お得なセット内容や価格について

葛の花イソフラボンスリムとベジファス比較

 

この両者にはどちらもお得なセット価格が設定されています。

 

葛の花イソフラボンスリムにはスマート定期便として、初回限定のお試し価格が適用され、2回目以降も割引価格が継続します。

 

数量は1袋・2袋・3袋までの設定があります。

 

 

ベジファスはひと月分2箱の設定で、毎月お届けコースが設けられています。

 

初回は半額で購入することができ、2回目からも割引価格が適用されます。

 

両者とも定期購入の回数縛りはなく、2回目以降好きなときに解約することが可能です。

葛の花イソフラボンスリムとシボヘール 飲みやすさや使い勝手について

葛の花イソフラボンスリムは小粒のサプリメントで、一日の目安摂取量は4粒となっています。

 

一度に4粒飲むとしても、苦にならないサイズで飲みやすいサプリメントだといえます。

 

粒タイプのサプリメントがいいという人には最適なサイズ感です。

 

 

 

ベジファスは細長いゼリー状で、つるんと食べられる工夫がされています。

 

食事の前に1本食べることを前提に作られており、食事の邪魔をしないさわやかなシークワーサー風味です。

 

デザート感覚で食べられることを重視するなら、ベジファスのほうが適しているでしょう。

 

 

 

使い勝手の良さはどちらも同じくらいすぐれており、携帯性もよく考えられています。

 

両者ともにダイエットをサポートしてくれるサプリメントですが、その効果は少し違っています。

 

葛の花イソフラボンスリムはおなか周りの脂肪に働きかけベジファスは中性脂肪や血糖値に働きかける作用があります。

 

どちらも機能的にすぐれており、また機能性関与成分の他に健康や美容によい成分も含まれていてプラスアルファの魅力もあります。
よって葛の花イソフラボンスリム・ベジファスともに★4つの同点といたしました。

 

 

関連ページ

葛の花イソフラボンスリムとシボヘールを比べてみました!
機能性表示食品として、葛の花由来のイソフラボンを含むサプリメントの代表である葛の花イソフラボンスリムとシボヘール。こちらではこの両者を価格や配合成分・特徴などのさまざまな面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートを比べてみました!
内臓脂肪や中性脂肪の数値が気になり始めたときに飲みたいサプリメントとして、葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートがあります。こちらでは機能性表示食品であるこの2製品について、成分や価格の面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとラクトフェリンを比べてみました!
内臓脂肪に働きかけるという効果が共通している葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリン。配合成分や価格、定期便の有無などの比較表をもちいて、どのような違いがあるかチェックしていきましょう。
葛の花イソフラボンスリムがほかのダイエットと一味違う理由は?
秋の七草の1つ「葛」。根の部分は葛きり・葛粉・葛餅などで使用されていますが、花にはダイエット効果があるということをご存じでしょうか。
きょうの青汁ってほかどう違う?含まれる葛の花パワーの効果に迫る!
「きょうの青汁」といえば、毎日飲むだけでお腹の脂肪が落とせると人気の青汁。評判高い「きょうの青汁」って、一体どんな飲み物なのでしょうか。味や安全性、本当に効果があるのか調べました!