葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリンを比較!

葛の花イソフラボンスリムとラクトフェリン比較

 

機能性表示食品として人気を集めている葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリン。

 

どちらも機能性関与成分そのものを商品名にしていることから、その自信のほどがうかがえますね。

 

こちらでは内臓脂肪に働きかける効果を持つふたつのサプリメントについて、成分内容やセット価格などのさまざまな面から比較していきます。

 

葛の花イソフラボンスリム ライオンラクトフェリン
内容量 120粒(30日分) 93粒(31日分)
機能性関与成分 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)35mg ラクトフェリン300mg
配合成分 葛の花抽出物、生姜粉末(黄金生姜)、セルロース、ビタミンC、還元パラチノース・二酸化ケイ素、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1(順不同) ラクトフェリン(乳由来)、マルチトール、デキストリン、ヒハツエキス、結晶セルロース、HPMC、アルギン酸 Na、CMC-Ca、微粒酸化ケイ素、グリセリン、タルク、ステアリン酸 Ca(順不同)
定価 6480円 6060円
お得な定期購入 スマート定期便1袋初回1480円・2袋11304円・3袋16146円の設定あり 毎月お届けコースあり・初回2980円・2回目以降10%オフ
おすすめポイント おなか周りの皮下脂肪や内臓脂肪に働きかける・定期便の回数縛りなし・問い合わせ窓口あり・製薬会社のGMP認可工場で製造・生姜成分やビタミン類配合 内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つ・ライオン製品なので安心できる・ヒハツエキス配合
おすすめ度 ★★★★ ★★★

内容量について

内容量は葛の花イソフラボンスリムが120粒30日分、ライオンラクトフェリンが31日分93粒となっています。

 

ちょっとした違いですが、ライオンラクトフェリンのイレギュラーな93粒というのが、かえってきちんとした印象を与えているような印象です。
ですが飲む側からすると、一年を通じても30日分と31日分では1パックの差もありませんから、大した差はないといってもいいでしょう。

 

配合成分の違いについて

葛の花イソフラボンスリムの機能性関与成分は、葛の花由来イソフラボンです。

 

対するライオンラクトフェリンは、乳由来のラクトフェリンです。

 

どちらも研究により、内臓脂肪を減らすのを助ける効果があるということが分かっています。

 

おなか周りの脂肪により働きかけるのが葛の花イソフラボンスリム、高めのBMIの改善に役立つのがライオンラクトフェリンだと思ってもらえればいいでしょう。

 

 

また機能性関与成分以外として、葛の花イソフラボンスリムには黄金生姜・ナイアシン・ビタミンB群・ビタミンCが配合され、健康や美容にいい成分がプラスされています。

 

ライオンラクトフェリンにはコショウ成分であるヒハツエキスが含まれており、体を温める効果が期待できます。

 

どちらの製品にも機能性関与成分だけでなく、ダイエットや健康をサポートする成分が入っているのが特徴だといえますね。

お得なセット内容や価格について

葛の花イソフラボンスリム・ライオンラクトフェリンともにお得なセットの設定があります。

 

葛の花イソフラボンスリムはスマート定期便を利用することができ、初回は1480円、2回目以降は10%オフで購入することが可能です。

 

 

ライオンラクトフェリンにも毎月お届けコースの設定があり、初回は半額・それ以降は10%オフで購入することができます。

 

毎月お届けコースを利用するには3ヶ月以上の購入が条件となっており、4か月目以降は解約することが可能です。

葛の花イソフラボンスリムとライオンラクトフェリン 飲みやすさや使い勝手について

葛の花イソフラボンスリムとラクトフェリン比較

 

葛の花由来イソフラボンもラクトフェリンも、食べ物から摂取するのが難しい成分です。

 

ですがどちらも飲みやすく工夫された小粒のサプリメントですので、苦もなく毎日続けることができます。

 

葛の花イソフラボンスリムは漢方薬のようなにおいが少しありますが、さほど気にするほではないという口コミが多く見られました。

 

 

ライオンラクトフェリンは無味無臭で、表面がコーティングされているのが特徴です。

 

これは胃酸で溶けてしまわないための工夫です。

 

長く口に入れておくとコーティング剤の苦みを感じるという口コミもありますが、こちらも素早く水で飲んでしまえば問題にならない程度だといえるでしょう。

 

 

葛の花イソフラボンスリムは製薬レベルで製造されており安心できるサプリメントです。

 

一方ライオンラクトフェリンは有名企業であるライオンブランドの製品です。

 

どちらも製品の安全性ではまったく問題なく飲むことができます。

 

 

内臓脂肪や高めのBMIに効果が期待され、価格も同じくらいで甲乙つけがたい両者。

 

機能性関与成分以外の配合成分で比較したときに差がつくのと、定期便の回数縛りがないという利点から、葛の花イソフラボンスリムが★4つ、ライオンラクトフェリンが★3つとなりました。

 

関連ページ

葛の花イソフラボンスリムとシボヘールを比べてみました!
機能性表示食品として、葛の花由来のイソフラボンを含むサプリメントの代表である葛の花イソフラボンスリムとシボヘール。こちらではこの両者を価格や配合成分・特徴などのさまざまな面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートを比べてみました!
内臓脂肪や中性脂肪の数値が気になり始めたときに飲みたいサプリメントとして、葛の花イソフラボンスリムとファンケル健脂サポートがあります。こちらでは機能性表示食品であるこの2製品について、成分や価格の面から比較しています。
葛の花イソフラボンスリムとベジファスを比べてみました!
機能性表示食品としてダイエットに効果がある葛の花イソフラボンスリムとベジファス。これら2製品について、機能性関与成分やその他の配合成分、価格や効果について比較してみました。迷ったときの参考にしていただければ幸いです。
葛の花イソフラボンスリムがほかのダイエットと一味違う理由は?
秋の七草の1つ「葛」。根の部分は葛きり・葛粉・葛餅などで使用されていますが、花にはダイエット効果があるということをご存じでしょうか。
きょうの青汁ってほかどう違う?含まれる葛の花パワーの効果に迫る!
「きょうの青汁」といえば、毎日飲むだけでお腹の脂肪が落とせると人気の青汁。評判高い「きょうの青汁」って、一体どんな飲み物なのでしょうか。味や安全性、本当に効果があるのか調べました!
シボヘールで本当にしぼむ?【注目】肥満気味なぽっこりお腹対策
お腹の体脂肪を減らすサプリメントとして、注目されているシボヘール。シボヘールはどんな特徴があるのか、実際に飲んでみた人たちの口コミも一緒にまとめてみました。
「減脂粒」なら機能性表示食品で安心!葛の花ダイエット始めてみる?
減脂粒は産後の体形崩れで悩む女優・歌手の相田翔子さんも愛用し、驚きの効果を実感したサプリメント。
ヘラスリムで体の中からダイエット♪【必見】内臓脂肪を減らす方法!
体脂肪を減らすサポート成分「葛の花」が配合されたヘラスリム。食生活に気をつけても体重に変化がない人、ダイエットするのがめんどうな人に人気のサプリメントです。